すぐに私の手を引っ張って「どうするの?」「ここに座って」私は・太君の膝上に座らされました

「うっ、んっ、てっめ、ざっけんな、うっ、はぁっ、うんっ、かんけーねーだろ、さわんな」って内モモをプルプルさせて抵抗していた。」「あー、そうなんだ。逃げようとしましたが彼に強引にキスされてしまいました。そして背後から私を嬲…